講義8 再構築されてしまったRAID復旧 成田 賢司

講義名: 再構築されてしまったRAID復旧  ※ 予習事項があります

【講師】
Member 成田 賢司(DATA HOPE 東北データ復旧・宮城県)

【講義概要】
ファームウェアのアップデートなどにより、なぜか勝手にRAIDの構成が変わってしまうことがあります。そんなクリティカルな状態から何か復旧成功への道が無いかを探ります。

【講義項目】
  • RAIDについてのおさらい   
  • 再構築されてしまった状態を見てみよう
  • 試しにRAWスキャンしてみる「写真だけでも取れるかな」
  • 時間を巻き戻せ (再構築される前の構築を推測する)
  • 設定値を変更して再スキャンをしてみよう


    【参考文献】
    特になし

    【予習内容】
    UFS Explorerあるいは復旧天使を使えるようにしておきましょう。


    【もちもの】
    特になし

    【追加技術情報】
    ・台風10号の影響で河川が氾濫して水没したサーバー内蔵HDDのデータ復旧成功事例